金津波_メインビジュアル
  • 金津波_スライダーイメージ
  • 金津波_スライダーイメージ(サムネイル)

金津波

価格(税込):
¥ 172 199
販売期間:
11月の第3週末のみ
松本・恵比寿講限定
2019年11月15・16・17日予定

2019年 準備中
松本・恵比寿講 縁起菓子
伝統行事・松本恵比寿講が開催される
11月の第3週末
15日・16日・17日*2019年予定
1年でわずかこの3日間だけの限定販売
*数に限りがございます、お早目のご予約をお勧め致します。
地方発送は11月15日初日出荷分~。
11月15日・16日出荷分のみ受付可能

*箱入りのご用意はございません。
*日持ちが短いですので、ご注意ください。

「金津波」の由来。
松本の経済が農業で支えられていた時代の話。
農家は豊穣の秋にまとまった収入を得ていました。
山に雪が降る頃になると冬支度の買い出しに、馬車や荷車を引き町(松本)へ繰り出します。
商店では11月19日・20日の「恵比寿講」に太い青竹に恵比寿・大黒・大判・小判などのの縁起物を吊るし街中を飾り、一年中で最も盛大な売り出しをしました。
大きな売り上げを「お金の津波」に例え、縁起菓子「金津波」を販売しました。
深志神社境内の本町恵比寿殿に参拝し、「金津波」を買う事が楽しみの一つで、開運堂は店頭で徹夜で作り、一晩で10万個も売ったと伝え聞いています。
生活と近代化と共に恵比寿講は衰退し、今は「金津波」が当時の名残です。伝統行事は郷土の歴史を伝える貴重な財産です。この時期に「金津波」を作る事で松本の歴史と文化の伝承になれば幸いです。

開運堂の「金津波」は全国各地で通年売られる金つば(金鍔)とは生い立ちが異なり、11月19日・20日の松本恵比寿講のころ、数日間のみ販売いたします。
昔はお金を模り円形でしたが祭りの衰退したところから角型に変わりました。








アレルゲン小麦、卵、大豆
日持ち4日
入り数ばら
大きさ
重さ

おすすめ商品Recommend

季節のお菓子Sweets of season