開運堂の取り組みAbout

HACCP規格認定の製菓工場

HACCP(ハセップ)とは

Hazard Analysis

危害
分析

and

Critical Control Point

重要
管理点

米国NASAが有人ロケットを打ち上げるため、宇宙食の絶対的な安全性を確保するため開発された、食品の製造と管理のシステムで、欧米では安全と安心の企業責任として普及しています。
国内で小規模菓子製造小売り施設のハセップ認定は、まだ極めて稀です。

開運堂 あづみの()(ゆう)(てい)

環境優先の工場と
店舗の総合施設

開運堂は明治17年(1884)に呉服商から菓子業に転じ、今年満131歳。
永年、大勢の方々にお引き立て頂いた賜と、心より感謝とお礼を申し上げます。
その記念事業に、いい水・いい空気に恵まれた安曇野・三郷村に、「開運堂あづみの菓遊庭(かゆうてい)」を建設しました。のどかな田園とアルプスの貴婦人「常念岳」を一望し、数十種類の草木に囲まれた環境優先の工場と店舗の総合施設です。
敷地面積3,470坪(工場と店舗950坪/駐車場1,000坪/緑地1,500坪)。これからの食品製造には必須の、ハセップ(高度な衛生管理基準)規格の認定施設です。工場には中庭を設け、自然を身近に作業が出来る、スローライフな環境。ご来店客は、中庭を回遊しながら、お菓子の製造作業の一部をご覧いただけます。
今後も変わらぬご愛顧をお願い申し上げます。