義塩20個入_メインビジュアル
  • 義塩20個入_スライダーイメージ
  • 義塩20個入_スライダーイメージ
  • 義塩20個入_スライダーイメージ(サムネイル)
  • 義塩20個入_スライダーイメージ(サムネイル)

義塩20個入

価格(税込):
¥ 2,991 2,991
販売期間:
通年販売
 詳細説明
数量:
※数量は半角数字で入力して下さい
  • ※数量は半角数字で入力して下さい

「義塩」20個を二段重ねで詰めました。

塩麹を使用した淡い塩味の白餡入り焼き饅頭。

上杉謙信公が信州へ塩を贈った故事。
四百余年続く伝統行事「松本あめ市」(旧塩市)をテーマに塩俵(かます)模した優しい塩味の焼き饅頭。



「山国と塩」諸説ありますが…戦国の時代、甲州の武田信玄は駿河の今川・相州の北条と戦っていました。今川・北条軍は武田軍勢の弱体化を狙い、太平洋からの塩止めを行ったため、周囲の民衆までもが塩不足に困窮しました。この状況を憂いた越後の上杉謙信は、敵対の武田軍が支配する信州へ、牛に塩を積み千国街道(糸魚川〜松本)から松本へ塩を送り届けたことから、この街道は別名「塩の道」と呼ばれています。
また、謙信の義侠心が「敵に塩を送る」という言葉の起源とも言われています。
塩が松本に到着した一月十一日に謙信の徳を称え、以来毎年「大市神」を祀り塩市がたつようになりました。江戸中期頃より塩市は「あめ市」に名称を変え、四百余年絶えることなく今日も、縁起の福あめや福だるまを売り、「大市神神輿」が街中を練り歩く、新春の奇祭「あめ市」が伝承され愛され続けています。
開運堂本店近くには、塩を運んできた牛を繋ぎ止めたと言われる「牛つなぎ石」が史跡として存在します。








アレルゲン小麦、卵、乳
日持ち20日
入り数20個
大きさ32.3×15.8×5.4cm
重さ0.95kg

おすすめ商品Recommend

季節のお菓子Sweets of season